PQ - ポアロの洋書

アガサクリスティー ポアロの洋書の翻訳

アクロイド殺人事件 (直訳) p-184

アクロイド殺人事件 (直訳)

p-184


 「私はいつも専門家を雇うのが好きで」と
  彼は暖昧に述べた
、が彼はその指摘を説明にこばんだ。

 「あなたはとにかく村の噂話を得た」
  私は指摘した
  「本当、嘘」
  
 「色んな情報の偉大なアイデア」
  彼は静かにつけ足した。
 「たとえば---?」
   彼は首を振った。

 「なぜ私に真実をはなさない?」私は反撃した

 「このような場所では、
 ラルフ・パトンの行動すべてがきっと知られる
 もしあなたの姉がその日森を通って抜けなくても
 誰か他の者がそうしたでしよう」

 「彼らはしたでしょうね」と私は不機嫌に言った
 「私の患者に興味があるのはどうして?」

  また彼は目ばたきした。
 「その中のたった一人、先生。たった一人に」
 「最後は?」私は賭けてみた
 「私は興味の対象としてラッセル嬢を見つけた」
  と彼は言い逃れした

 「あなたは私の姉やアクロイド夫人と一緒で認めている
  彼女には何かインチキくさいものがあると?」

 「えっ、何か言った---フィッシイ?」
  私は能力のベストで説明した。

 「で、彼女らはそう言ってる、んですね?」
 「姉が昨日の午後あなたに沢山つげなかったの?」

 「可能ですね」
 「けど理由はないから」と私は宣言した。

アクロイド殺人事件 (直訳) p-183



    Chapter 1 3

    The Goose Quill 
第13章

ガチョウの羽軸

 その夜、ポアロの要求で、
 私は夕食後、彼の家に行った
 キャロラインは見るからに気が進まない様子で
、私を見送った。
 彼女は私と同行したかったらしい

 ポアロは私を手厚くもてなした
 彼はアイルランド製ウイスキー(私は大嫌い)の
 ビンを置いた
 小さいテーブルに
 ソーダ水のサイフォンとグラス

 彼自身は熱いチョコレートを吹くのに時間をさいていた
 それは彼の好物の飲み物だと、
 私は後で発見した

 彼はていねいに姉の安否を尋ねた
 彼はもっとも興味深い女性だと宣言した

 「あなたは彼女をうぬぼれさせたようですね」
  と私はそっ気なくいった。
  「日曜の午後はどんなでした?」

  彼は笑い、まばたきした。

お知らせ 2019-0208

2月いっぱい お休みします
-

アクロイド殺人事件 (直訳) p-182


p-182

 「おそらく、これが私の捜査するだろう最後の事件
 しかしエルキュール・ポアロは失敗で終らない

 紳士淑女諸君、私は言おう
 私は知る意味で
 私は知るだろう----
 あなたがた全員にかかわらず」

彼は最後の言葉を挑発的にもってきた
 まるで我々の顔にそれをほおり投げるように

 私我々がすこしたじろいだと思った
 ジオフリイ・レイモンドを除いて
 彼はいつものようにユーモアと冷静だった

「どういう意味---我々全員にもかかわらず?」彼は尋ねた
 ちょっと眉を上げて

 「しかし----まさにそれ、ムッシュー
  この室のみんなは
 私から何かを隠している
 彼は手を上げた
 抗議のかすかなつぶやきが起こったので、

「はい、はい、私は言ってることは分かっている
 重要でないかもしれない---ささいな事
 ----事件に関係のないと思われてる
しかし、それはある

 あなたがたそれぞれが隠す何かを持っている
 さあ、私は正しいかな?」

 彼の凝視、挑戦的と非難的、
 テーブルの周りをぬぐった
 みんなの両目は彼の前に落ちた
 そう、私も同じく

 「私は答えられた」とポアロは言った
  奇妙な笑いで
  彼は席から立ち上がった。

 「皆に訴えてます
 私に真実を言って---全部の真実
 沈黙があった。
 「誰も言わないの?」

 彼はまた短く笑った。
 <それは残念>と彼はいって、出て行った。

12章 終わり

アクロイド殺人事件 (直訳) p-181


p-181

「ポアロさん」アクロイド夫人は涙まじりに訴えた。
「あなたは全く何も言わないの?」
「何もいうことはない」ブラントが改ざんした
「彼女は正しいことをしようとしている
 私はどんなときでも彼女の味方です」

 フローラは彼に手を差し出し、
 「あリがとう、ブラント少佐」と言った

「マドマーゼル」とポアロが言った
「あなたはさせるでしょう
 老人があなたの勇気と忠誠に対して、
 祝う事を?

そして私を誤解しないでしょう
もしあなたに頼む---荘厳に頼む
---あなたが話す公表を延ばす
 少なくとも2日間」

 フロラはためらった
「私はラルフ・パトンの興味でそれを頼む
 あなたのと同じくらい
 マドマーゼル、あなたは眉をしかめる

 あなたはどういうことになるか分かっていない
 しかし私はそうであると保障する
   「冗談じゃない」

 あなたは事件を私の手に置いた
 ---あなたは今私の邪魔をしてはだめよ」

 フローラは返答の前に数分黙った
「私はそれ好きじゃない」彼女はとうとう言った
 「が私はあなたの言うとおりしましょう」
 彼女はまたテーブルについた

「さて、紳士淑女諸君」ポアロは急いで言った

 「私は言いかけたことを続けましょう
 これを理解しろ、私は真実に着く意味です

 真実、しかしそれ自身は醜い、
が追いかける者にとってはいつも不思議で美しい

私は年を取りすぎている
私の力はそれらがあったではないかもしれない」

ここで彼は明らかに反論を期待した

アクロイド殺人事件 (直訳) p-180


p-180

「爆弾ショックのよう、でしょ」と
 アクロイド夫人は執拗に言った

「それに私は金に短く持つことをロジャー
 にあえて言ってる
 ---最良の意図で、もちろん。

私はあなたがた皆が私に反対してるのは分かってる
でも私はそれが大変おかしいと思うのよ
ラルフが前に出てこない

そして私は言うべき
フローラの婚約がけして正式発表にならなかった
ことに感謝している」

 「明日になったら」とフローラが
 ハッキリした声で言った
 「フローラ」彼女の母は叫んだ、青白い
 フローラは秘書に向いていた。

「あなたはモーニング・ポストとタイムズヘ、
 発表を送ってね、、レイモンド」
「もし君がそれが賢明だと確信してたら、アクロイド嬢」
 彼は厳粛に返答した

 彼女は衝動的にブラントの方へ向いた。
「あなたは分かってる」彼女は言った
「私に出来る事は何?」
 事だから、私はラルフに味方しちゃう
 しちゃうと思わないでしょう?」

 彼女は彼をサーチして見た
 長い間の後彼は突然うなずいた。

 アクロイド夫人はかん高い声で抗議をぶっぱなした
 フローラは動かずまま
 それからレイモンドが話した

「私はあなたの動機は有難い、アクロイド嬢
 しかしあなたは思ってない
 あなたがかなりあわただしくなってることを?
 1,2日まてよ」

「明日」とフローラは言った、ハッキリ。
「良くないわ、ママ、そのようになってく
 私は他になんであれ
 私は友達に不誠実じゃないのよーー」

アクロイド殺人事件 (直訳) p-179


p-179

「私は神のご加護に敬虔な信心をもってますです
 ----我々の最後の形の神性さ
 シェイクスピアの美しい線が走ってるごとく!」

「確かにあなたは太い足のために全能な直接的責任を
 してはいない、アクロイド夫人、でないか?」
 ジオフリイ・レイモンドが尋ねた、
 無責任な笑い声を上げて。

 彼の考え、私は思う、緊張を緩める、
 しかしアクロイド夫人は彼に非難の一瞥をなげた
 そしてハンケチを取リ出した。

「フローラはひどい沢山な悪評や不愉快さから
 救われてきた
 一瞬もないわ
 私はラルフが哀れなロジャーの死と関係に
 何か持ってると思うなんて

 私はそうは思わない
 でも私は信じる心を持ってる
 ---私はいつも持ってきた、子供のころから
 
 私は誰かの不運を信じるのをひどく嫌ってる
 でも、もちろん、人は覚えるべきよ
 ラルフは少年時代に数回空襲にあった

 結果はずっと後になって現れる
、たまに、そういわれてる

 人々は最後の行動に責任がない
 彼らは制御をなくしてる、そうでしょ
 それを助けることができないから

「ママ」とフローラが叫んだ。
「あなたはラルフがしたと思わないでしょ」
「こい、アクロイド夫人」とブラントが言った

「私何を考えていいのか知らない」
 とアクロイド夫人は涙声でいった。

「非常に取り乱している
 財産に何か起こった、
 かしら、もしラルフが有罪になったら?」

 レイモンドは荒々しくテーブルから
 椅子を押し出した
 ブラント少佐は静けさを保ち
 考え深く彼女を見ていた

アクロイド殺人事件 (直訳) p-178


p-178

「ポアロさん」彼女はハッキリ言った

 「私誓うあなたに---厳粛に誓う---
  私はラルフはどこの考えがない
 それに私は彼を見ても聞いてもいないっちゃ
 の日も彼から
 ---殺人、それ以来」

 彼女はまた座った、
 ポアロは1,2分無言で彼女を見つめた
 それから彼はテーブルに手を持っていき
 鋭い叩きをした

 「なるほど!それはそれ」彼は言った
 彼の顔は硬くなった
「それでは私はこのテーブルに座っている他の人に
 お願いしよう。

 アクロイド夫人、ブラント少佐、シェパード先生、
 レイモンドさん。

 あなたがたは皆、行方不明の男の友や知人です
 ラルフ・パトンが隠れる場所を
 もしも知ってたら、口を出してちょ」

 長い沈黙があった。
 ポアロはターンごとに互いを見た。

「お願い」と彼は低い声で言った「口にだして」
 がまだ沈黙だった。
 とうとうアクロイド夫人によって破られた

「私言うわ」彼女は悲しげな声で意見を述べた
「ラルフの不在は最も特殊ね
 ---本当最も特別だわ

 そんな時に前に出てこないなんて。
 それが見て、知るんだわ
 まるでその背後に何かあるんだわ

 私は考えちゃうわ、大好きフローラ、
 それは非常に幸な事だった
 あなたの婚約がけして正式に発表しなかった」

 「ママ!」フローラが怒って泣いた
 「神のご加護なのよ」とアクロイド夫人は言ってみた

アクロイド殺人事件 (直訳) p-177


p-177

 みんなが集まったとき、
 ポアロは立ち上がっておじぎした。

「紳士淑女のみなさん
 私はあなた方にある目的のため呼んだ」
 一息いれて
 「最初に、私はマドマーゼルに特別な願いをしたい」

「あたくしに?」フローラが言った
「マドマーゼル、あなたはラルフパトン大佐と婚約した
 もし誰かが彼の信頼にあるとしたら、あなたです

我懇願す、すごく本気よ
もしあなたが彼の居所を知ってたら、
前に出て来るよう彼を説得してよ
ちょっとお待ち---」

フローラが話すために頭を上げたので---

「あなたはよく反省するまでは何も言うな
 マドマーゼル、
 彼の立場は日ごともっと危険になりつつある

 もし彼が直ぐに出てくれば
どんなに事実が酷くても問題ありません
彼はそれらの説明を逃れるチャンスがあるかもね

が、この沈黙---この逃避行---それは何を意味する?
確かにただ1つの事、有罪の意識。

 マドマーゼル、
 もしあなたが本当に彼の無罪を信じるなら
 手遅れになる前に前に前に出てきるよう
 説得するっちゃ」

 フローラの顔は非常に白になった。
 「手遅れじゃと!」と彼女繰リ返した、低くね。
 ポアロは前に傾いて、彼女を見ながら。

「今わかったかね、マドマーゼル」彼はやさしく言った
「コレをあなたに尋ねているのはパパポアロですぞ
 老いぼれパパポアロ
 沢山の知識と経験があるんだぞ

 私はあなたに罠をかけて探させないぞ、マドマーゼル
 あなたは私を信じてないだろう
 ---ラルフ・パトンが隠れている所を言え?」

  娘は立った、彼に顔をまっすぐに向けた。

アクロイド殺人事件 (直訳) p-176


p-176

「あなたが私に短刀を見せるときに親切だった時
 指紋に注意をひいた
 私は輪状と渦巻きはごくわずか知ってる
 私は率直に自分の無知を告白している

 しかし、それは私に起こった
 指紋の位置が幾分下手だった

そういう風に私は刺す方法では短刀を握らない
自然に、右手で肩の背後からもっていく
それが正確に右の位置にそれを置く事は難しいだろう」

 ラグラン警部はこの小男を見つめた
 ポアロ、非常に無関係な体で
 コートの袖から埃(ほこり)のしみを付けていた

「なるほど」と警部が言った
「それも一つの考えですな。私はよく調べてみましょう。
 しかし、もしそこから何も出てこなくても
 失望しないでください」

 彼は親切と後援で彼の声を作ろうと努力した。
 ポアロは彼が行く見ていた
 それから私の方を向いてまばたきした。

 「またの機会に」彼は観察した
 「私は彼の<>にもっと気をつけなければならない

 さて、我々は勝手にやれるぞ
 思いつく事は、友よ、
 家庭の小さな再会を」

 再会、ポアロがそう呼んだ、
 約半時問後に行なわれた。

 我々はファンリイで客間にテーブルを囲んだ
 ---ポアロはテーブルの頭に
 幾分青ざめた会合の議長のような
 使用人は出席しなかった、
 我々皆で6人だった。

 アクロイド夫人、フローラ、ブラント少佐、
 レイモンド青年、ポアロ、それから私自身。

アクセスカウンター

    • ライブドアブログ